フィリピン専門の送金会社 LBC REMIT EXPRESS

概要

フィリピンでは物流会社で知名度の高い LBC Expressを介して送金するLBC REMIT EXPRESS(トランスリミッタンス株式会社)です。この会社の特徴は、受取人への現金宅配が可能で手数料も安い。その他、LBC支店や銀行口座での受取も可能です。

システムについて

登録は、郵送とオンライン登録が選べ完了するとメンバーズカードが送付される。登録時に送金先の情報が必要なのと変更の場合は電話での受付となる。在日フィリピン人にもわかりやすく、英語での説明やタガログでの問い合わせもある。

為替レートもサイトTOPに明確に表示されています。

毎回の送金も電話での依頼になるので、フィリピンからオンラインで直ぐに送金できるシステムに慣れた私には、少し面倒だなといった印象を受ける。

サイト全体の雰囲気としても、在日フィリピン人向けの送金会社のイメージが強い。

個人的に興味がある送金会社なのでメールで問い合わせしてもレスポンスがありませんでした。問い合わせは直接電話した方が良いでしょう。

LBCの配送システムを利用した現金宅配便

現金をフィリピン受取人住所まで届けてくれるという他社にはないサービスを提供している。私が知る中で宅配をする銀行又は資金移動業者は、ゆうちょ銀行とLBC REMIT EXPRESSだけです。ゆうちょう銀行の場合は、現金ではなくドル為替証書になるのでそれからペソ現金に換金する必要がありますが、LBC REMIT EXPRESSは直接現金を受け取れる大変便利なサービスを提供しています。

ただフィリピンは郵便事情が悪いのでもしもの時にどこまで保証があるのかは明確ではありません。

ゆうちょ銀行とLBC REMIT EXPRES 比較

ゆうちょ銀行

手数料は、1件につき5,000円

申し込みから5〜10日程度で到着。

受取人の住所あてに米ドル為替証書が届く。

銀行でドル為替証書からペソへ換金

LBC REMIT EXPRES

手数料 送金額
500円 1円~10,000円
750円 10,001円~30,000円
950円 30,001円~50,000円
1,250円 50,001円~80,000円
1,450円 80,001円~200,000円
1,750円 200,001円~1,000,000円

フィリピンの郵便事情 体験談

個人的な経験からもフィリピンの郵便事情は良いとは言えません。過去に日本からの郵便物が届かなかったこと2回とフィリピンから送った書類が紛失したこと1回経験してます。
フィリピン⇔日本でのEMSでのトラブルは今までありませんが、事故にあった3回はいずれも普通郵便とEMS以外で送った時に不着事故に遭いました。

日本からフィリピンに郵送した場合、小物や高価(関税を取れそうもないもの)でないものは、自宅まで直接届けてくれます。しかし大きくて重いものや高価なものは指定されたフィリピンポストオフィースまで来るように通知が届きます。ポストオフィースに出向くとそこで開封され関税が掛かるものはその場で支払います。

今までの経験でフィリピンへ郵送物を送る場合は、日本人の名前だと何かと今までトラブルが多いと感じたので、現在の受取人の名前はフィリピン人名で日本から送るようにしています。それからは大きなトラブルはありません。

LBCは民間なのでどんなものでも配達してくれますし関税がかかるものは、既に計算済みでその場で支払って受け取ります。

為替証書や現金は、直接送ったことがないのでこの限りではありません。

フィリピンへの現金宅配の需要

これって需要があるの?疑問です。フィリピンに住んで長いですが、今まで現金宅配で受取るフィリピン人には出会ったことはありませんし、個人的にもこんな郵便事情なので現金宅配で送る勇気もありません。フィリピン人なら尚更そう思うのではないでしょうか。

個人的には最悪なトラらブルを回避するためにも窓口や口座振り込みを利用しています。しかし、銀行口座がない、受取拠点がない、受取人が自宅から出られない、病気で外へ出られない方などへの送金には利用価値はありそうです。

但し利用される際は、盗難・紛失時の保証を業者に確認して利用するのがベストではないでしょうか。

LBC REMIT EXPRES 公式サイト

LBC支店での受取、現金デリバリー 手数料も安い


LBC REMIT EXPRES 公式サイト