フィリピンの銀行について

フィリピンの銀行の数
フィリピンには現在、43のユニバーサル銀行と商業銀行、57の貯蓄銀行、492の地方銀行、40の信用組合、および準銀行業務機能を備えた6,267の非銀行があります。

総資産・総資本・総預り金・総貸付金のランク

(百万ペソ)

ランク バンク 総資産 総預り負債 総貸付金および債権 総株主資本
1 BDO 2,665,307.23 2,177,537.86 1,813,446.47 298,798.40
2 メトロポリタン銀行 1,705,575.78 1,340,618.83 987,409.52 207,671.22
3 BPI 1,649,267.36 1,351,914.31 1,000,994.61 186,071.50

>>Bangko Sentral 2019年3月 第1四半期決算より引用

SEKIDENSEKIDEN

このように、BDOがぶっちぎりでトップであります。総資産がトップであるということは、支店数やATMの数も比例して多いので他行より利便性が高まりますぞ。

口座開設に必要なもの

フィリピンで銀行口座を開設するには、基本的にはACR Iカード(外国人登録証明書)が必要です。銀行によってはパスポートとACR以外の別の形式のIDでアカウントを開設できる場合があります。一部の銀行では、居住者の証明として移民登録証明書(ICR)を受け入れます。ACRカードがない場合は、銀行のマネージャーと面談する必要があります。


ACRカードを入手したら、それは非常に簡単なプロセスです。パスポート(または別の写真付き身分証明書)、パスポートサイズの写真1枚、公共料金の請求書やレンタル契約書などの住所の証明が必要です。その後、銀行でフォームに記入し、最低額を入金します。引き出しと入金を行うための通帳をすぐに入手できますが、郵便でデビットカードを受け取るまで待つ必要があります。

SEKIDENSEKIDEN

意外にフィリピンって口座開設厳しいですぞ。日本のように郵送で送って後は待つ!なんてことはありませんぞ。

パスポート・ACRカード・運転免許書(国際かフィリピンLTO発行)この何れか2つあれば間違えない。あと写真も忘れずにサイズに関してはあまりうるさくないのでパスポートサイズでOK。大は小を兼ねる!大きかったら担当者が自分で切って貼ってますぞ。

公共料金の領収も2つ提出を求める銀行もあるから気をつけて。要は住所を確認できる領収書ですぞ。globeやsmartの領収でもOK。

私の場合、ほとんど公共料金はフィリピン妻の名義なのでそれを説明すればOK。カードは、銀行や支店によってまちまちで即発行してくれる銀行や支店もあれば数日待たされる場合もありますので気をつけて。

BDOを“お勧め”理由

1.倒産する危険性が少ない

規模が大きいから倒産しないとは言い切れませんが、少なくとも地方の小さな銀行よりは確率が低い。BDOはフィリピン証券取引所に上場されており主要30銘柄の1つに入る銘柄です。

フィリピンでSMモールは誰しもが知ってる有名なモールです。このSMグループの子会社がBDOでもありSMモール内には必ず支店があるはずです。

SEKIDENSEKIDEN

ちなみに銀行が潰れてもペイオフ制度で50万ペソまで保証がありますぞ。

2.圧倒的な支店数とATMの多さ

上記でもお分かりのようにフィリピンでは他を寄せ付けない国内最大大手銀行です。全国の3,000を超えるBDO ATM、モール、デパート、ハイパーマート、病院、輸送ターミナル、コンビニエンスストア、ファーストフード、ホテル、ガソリンスタンド、企業のオフィスにも配置されています。

SEKIDENSEKIDEN

ちなみに他行のATMを利用するとその都度手数料を取られます。たとえ残高確認だけでもです。

3.土日や夕方まで営業している支店が多い

ATM上限で引き出せない場合は窓口で引き引き出すことになりますが、基本的には、土日 祝祭日は、窓口はクローズですが、BDOの場合 支店により土日 祝祭日も営業している支店が多い。主にSMモール内の支店はそうでないかと思います。

時間も支店によりまちまちですが、朝9時~夕方7時ぐらいまで営業しています。

SEKIDENSEKIDEN

ちなみに小さな銀行や地方の銀行は、日本と全く一緒です。午後3時には受付ストップで土日 祝日クローズです。

4.日本語サポートが受けられる

ジャパンデスクには日本人シニア・アドバイサーを筆頭に32名が所属し、内5名はシニア・オフィサー、また12名が日本語を話せるそうです。サイトも日本語へと翻訳できるシステムにしてあります。

SEKIDENSEKIDEN

英語が苦手な私にとっては日本語のサポートはありがたい。

5.ビジネスでの保有率が圧倒的に高い

フィリピンでのビジネス取引はBDOを利用している人が圧倒的に高い。私の経験上代金の支払い口座はほぼBDOを指定してきます。個人的に、ビジネスでは圧倒的な口座保有率だと感じる。

SEKIDENSEKIDEN

保有率が高いならこっちもBDOを持っていたら間違えはないってこと!他行宛なら手数料取られるぞ!BDO間だとエリア内(ルソンとか大きなエリア)だと無料!

便利な使い方私はこのように使いこなしてます

Transferwiseを利用した日本からの着金が早い


Transferwiseの受取口座をBDOにすると数時間で着金する。他行を使うともっと時間がかかる。

口座開設のATMキャッシュカードはデビッドカード

口座開設と同時にもらえるのがATMデビットカードです。ATMからの現金引き出しと親会社のSMモールはもちろんこのデビットカードで支払決済できます。


フィリピンのAmazon、LazadaでBDO決済可能


フィリピンでは、日本のようにネットショッピングが盛んではありませんが、最近ではLAZADAを利用するフィリピン人も増えています。

SEKIDENSEKIDEN

日本のクレジットカードやPayPalでも可能。銀行ではBDOのみ 日本食もデリバリーで買えるよ!

日本のPayPalアカウントでBDOデビッドカードが利用できる。


日本のPayPalアカウントはBDOデビットカード使えます。フィリピン移住が長く日本のクレジットカードの有効期限が切れた場合には、BDOデビットで対応出来ます。通常日本ではBDOデビッドカードは拒否されますが、日本PayPalは、登録可能です。


philippines PayPalアカウントの出金口座として登録


philippines PayPalアカウントでBDOのデビッドカードと出金口座として設定。


smartやglobeのロード ネットバンキングから可能


携帯番号を登録すればsmart、globe、simカードへのロード可能(手数料無料・複数登録可)必要な金額だけロードを購入できます。

SEKIDENSEKIDEN

ロードを手数料を払って近くのサリサリやポイントカードを買ってませんか?

株取引もすぐ出来る!BDO野村


BDO口座があればBDOノムラの証券口座もすぐに開設できます。証券口座も銀行口座と同じぐらいに開設に手間が掛かりますがBDOだと楽々!

SEKIDENSEKIDEN

ザックリと登録方法→ネットバックにアクセスして指示に従い進むだけ。パスワードが発行されるのでそれを近くのBDO支店のATMで入力して終わり。後はBDOからの結果を待つだけ。IDもBDOのものと同一でログインできる。お持ちのBDO口座なら入金と出金はリアルタイムで行われる。日本円で10,000円から買えますぞ!

BDO公式サイト

フィリピン最大大手
bdo
BDO 公式サイト